メニュー

白内障

「生きていれば誰でも生じる加齢性変化です」

白内障とは?

白内障はピントを合わせる働きを持つ目の中のレンズが透明性を失い、濁ってしまった状態を指します。濁ってしまうと目の前にすりガラスを置かれたようになり、綺麗な映像が眼の奥に届かず、視力が低下してしまいます。

白内障の症状

見えにくい・視力が下がった・ピントが合わない

目の中のレンズが濁ると、外からの光をうまく目の中へ取り込めなくなります。
そのため景色が白くかすんで見えたり、ぼやけて見えたり、焦点が合いにくくなります。

まぶしく見える

レンズが白く濁ると、光が散乱するようになり対向車の光が眩しく見えたり、光が伸びたように見えたりします。

景色が黄色っぽく見える

白内障が進むと水晶体が透明なものから白っぽいもの、黄色っぽいものへ変化します。鮮やかに見えていたはずの景色が色褪せて見えるようになり。

白内障の原因

年齢によるもの

白内障は年齢を重ねることで進行することが一般的です。水晶体はタンパク質を含んでおり、加齢とともにタンパク質に変化が生じ透明な水晶体が少しずつ濁っていきます。

紫外線・ブルーライト

長年、紫外線やブルーライトにさらされることで老化の原因となる活性酸素が水晶体に発生します。白内障の発症や進行を早めるほか、他の様々な目の病気の原因にもなります。

その他

他にも目の怪我、糖尿病、喫煙、お薬(ステロイド薬が有名です)などが白内障の原因となることがあります。

白内障の治療

白内障の根本的な治療法は手術です。それ以外の方法でレンズの濁りをとることはできません。手術では、水晶体の濁りを取り除き、綺麗な人工のレンズに取り替えます。そうすることで水晶体が透明になり綺麗な景色が目の中に入ってくるようになります。

症状のない軽度の白内障であれば点眼薬を使用することがあります。白内障の進行を遅らせる効果がありますが、白内障を治したり、進行を完全に止めたりすることはできません。予防策としては禁煙、紫外線を避けるためにサングラスをかける、規則正しい生活とバランス良い食事を摂ることなどがあげられます。

白内障手術をご希望の方はコチラ

院長コメント

水晶体の濁りは年齢とともに進行します。0歳より20歳、30歳より50歳、60歳より80歳とレンズの濁りは出てきます。白内障の程度は様々で、同じ年齢でも手術が必要な場合とそうでない場合があります。白内障と診断されたことに驚く必要はありません。当院では日帰り白内障手術を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

当院での白内障治療

当院では初期の白内障に対しては点眼薬を用いて進行を予防します。視力が低下したり、患者様が日常生活に支障をきたしたりする場合は、ご都合に合わせて白内障手術の時期を決めます。手術はほとんどの場合で10-15分程度の短い時間で終わらせられます。また単焦点レンズのみならず、乱視矯正レンズや老視矯正のための多焦点レンズなども取り扱っております。

白内障手術をご希望の方はコチラ

白内障手術の費用

白内障手術の費用は年齢や所得によって最終的な負担額が増減します。高額医療費制度を活用すると費用を押さえることができます。また多焦点レンズを選択された場合は選定療養(詳しくはこちら)となり、単焦点レンズと比べて特殊なレンズ分の費用がかかります。下の表は単焦点レンズを選択された場合の料金の目安です。両眼の費用は同月内に手術を受けた場合の費用です。

負担割合 3割 2割 1割
片眼 約49,000円 約18,000円(上限) 約16,000円
両眼 約99,000円 約18,000円(上限) 約18,000円(上限)

白内障手術をご希望の方はコチラ

白内障についてよくある質問

Q:手術を受けることを決めましたが目の手術は怖いです。どうしたらいいでしょうか。

A:私も目の手術を受けることを想像したらすごく怖いです。歯の治療ですら私は恐怖を感じます。手術を受けている最中の孤独感や恐怖感などの気持ちがよくわかりますので、私は手術中に患者様へ「あと◯分くらいで終わる予定ですよ!」「痛みはないですか?」「半分は終わりましたよ!」など声をかけるようにしています。できるだけ安心して手術を受けていただくにはどうしたら良いのか、日々思案しております。

Q:白内障の手術を受けるタイミングが分かりません。

A:手術を受ける明確な基準はありませんが、私がよく患者様にアドバイスする手術時期は「白内障による症状が日常生活に影響してきた頃」です。日常生活へどう影響するかは人それぞれ違います。例えば車の運転免許更新が裸眼では通りそうにないという方は、白内障手術で裸眼視力を向上させることができるため日常生活が困っていなくても手術を受ける価値があると思います。

Q:白内障手術を受けると若い頃のようによく見えるようになりますよね?

A:白内障手術は老眼を治す手術ではないため、若い頃のように遠くから近くまですべての距離がはっきり見えるようにはなりません。ただし当院で取り扱っております多焦点眼内レンズというものは、老視を補正することができますので遠くから近くまで見ることができるようになります。しかし多焦点眼内レンズも万能ではありませんので、一長一短があることを知ったうえで選択いただく必要があります。詳しくはコチラ。

Q:白内障の手術は具体的にどのように行われますか?

A:白内障手術では、濁った水晶体を超音波で砕き、透明な袋のみ(後嚢といいます)を残して取り除きます。後嚢に人工のレンズを挿入して手術は終了です。この手術は通常目薬による麻酔が行われます。

Q:白内障の手術は痛いですか?

A:ほとんどの方は手術中に痛みを感じることなく終わられます。万が一痛みがある場合は我慢せずに必ず声に出して言ってください。痛みを感じやすい方には点眼の麻酔に加えて、更に強い麻酔を行います。

Q:白内障手術中に器具が見えたり、針などが迫ってくるのを感じたりするのではないでしょうか?

A:実際手術を受けられた方に聞いても器具の先端が迫ってきて怖かったという感想を言われる方はほとんどいらっしゃいません。キラキラ見えたり、虹のような色が見えたり、万華鏡のように見えたりと感想は様々ですが、手術前に想像される恐怖感とは異なる場合が多いと感じています。

Q:白内障手術はどれくらい時間がかかりますか?

A:多くの一般的な症例では執刀を始めてから10分程度で終了します。白内障の中には難しい症例というものがあり、20分~30分程度かかる場合もあります。事前にある程度予測できることが多いです。

Q:手術のリスクや副作用は何ですか?

A:白内障手術は一般的に安全ですが、稀ですが重篤な合併症には手術後の感染症や術中の出血があります。また手術中に人工のレンズを入れるための袋が破けた場合(破嚢といいます)は、2回目の手術(硝子体手術といいます)が必要となることもあります。

Q:手術後はどのような事に注意すると良いですか?

A:通常、手術後は目を保護するため保護メガネまたは眼帯を着用し、目薬を処方された通りに使用することが必要です。リハビリは一般的に必要ありません。

Q:手術を受けなかった場合、どのような問題が生じますか。

A:白内障が進行すると更に視力が悪化し、日常生活に支障をきたす可能性があります。白内障が進行するにつれて手術に必要な超音波の出力が多くなるため、術後視力の立ち上がりが悪くなります。我慢しすぎず早めの手術をおすすめします。

Q:白内障は手術後に再発する可能性はありますか?

A:通常、白内障手術後に再発することはありません。後発白内障という白内障手術後に特有の症状が現れることがあります。
後発白内障は名前が似ていますが、白内障とは別物です。
また後発白内障が生じたとしても当院でレーザー治療により視力回復が可能です。
治療時間は片眼につき5分程度です。

Q:白内障の早期発見のためにはどうしたらよいですか?

A:白内障の早期発見のためには定期的な眼科検査が重要です。
また白内障の初期症状を知っておくことも重要です。

Q:白内障の初期症状とはどのようなものでしょうか?

A:視力が低下しない初期の白内障でも色褪せて見えたり、近視がすすんだり、眩しくみえたりします。

Q:白内障の進行をなんとか遅らせたいのですが何か良い方法はありませんか?

A:現在のところ白内障を完全に予防する方法はありませんが、紫外線から目を守るためサングラスを着用いただいたり、喫煙の避け、バランスの取れた食事を摂ったりすることで進行を遅らせることに役立ちます。

Q:手術を急いだほうが良いと言われたが、そういう白内障はあるのでしょうか?

A:数は多くないですがあります。
白内障によって水晶体が分厚くなるなどの原因で緑内障発作を引き起こしそうな場合や、成熟白内障という非常に進行した白内障の場合はできるだけ早く手術することをおすすめします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME